指導部長挨拶

関西学院大学応援団総部指導部のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

第72代団長兼指導部長を務めます、平岡岳(ヒラオカガク)と申します。この一年間、何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、第72代指導部の部目標は「常在戦場」と掲げさせていただきました。この言葉は、越後長岡藩の藩是として受け継がれてきたもので、意味は読んで字の如く、「常に戦場に居るという心持ちで物事を為す」という意味の他、「戦場という辛く苦しい場所に居る武士を思えば、贅沢も安穏も出来ない」という質実剛健、刻苦勤勉の気風を保て、という意味も込められております。

我々応援団総部指導部は、学内外を問わず関学の代表的な団体として活動しており、注目も一層高まっております。その上で外見だけでなく、内面、心持ちを重視し、関学生の模範として、スクールモットーであるMastery for service(奉仕のための練達)を体現して参ります。

末筆ではございますが、関西学院大学応援団総部指導部は、旧来より受け継いだ伝統を残しつつ、これからも新しい伝統を作り上げ、皆様のご期待に添えることのできるよう邁進して参りますので、これからも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

平成30年2月吉日