指導部員紹介

団長

岸本ゆずか 理工学部(神戸海星女子学院)

 

このお方、関学応援団総部史上初めての女性の団長なのでございます。キリリとした表情や立ち居振る舞いは、見る者を虜にする力を秘めております。また、団と団員を愛し、伝統の中に革新をもたらそうとするお姿からは、関学応援団総部を背負って立つ覚悟が見えます。今年度、団長として我々を必ずや躍進させてくださることでしょう。

指導部長兼副団長

柏原加奈 経済学部(広島県立尾道北)

 

このお方、底抜けの優しさを持っておられます。悩み相談をするとニコニコ笑顔で慰めてくださり、下級生もこのお方につられて自然と微笑んでしまうのでございます。しかし、いざスイッチを入れると、見た目からは想像もつかない野太い声を響かせながら迫力のあるリーダーを振られます。今年度は、このお方が我々指導部員を厳しく、ときに優しく導いてくださることでしょう。

三回生

児玉望任果 文学部(西南女学院)

 

この女、「うちは男には負けないっちゃ」を口癖に男顔負けのどっしりしたリーダーを魅せるのでございます。また、鋭く通る声は近くの者の鼓膜をぶち破るほどの破壊力。食欲も旺盛で、この女の胃袋はブラックホールなのではないかという噂も聞こえてきます。日々是成長のこの女、今年度は連盟委員として最高の連盟祭を作り上げることでしょう。

三回生

立石瞳真 人間福祉学部(大阪府立市岡)

 

この男、情熱家なのでございます。何事にも熱く取り組む姿に惚れる人間は数知れず。「ゆ〜たらメンタル」をモットーに、どんな困難も乗り越える男の中の男、実は寂しがり屋で同期の家に住み込んでしまうという可愛い一面も併せ持つ、人の心を掴んで離さないやつなのでございます。今年度は頼れる渉外として応援を熱く盛り上げてくれることでしょう。

三回生

中山浩志 法学部(関西学院)

 

この男、とにかく頭のキレるやつなのでございます。常に物事の先を読み、効率的で抜かりのない仕事ぶりを見せます。また、その力は勉強面にも生かされており、入学以来フル単を継続中です。部活に対して非常に熱い想いを持っており、練習中後輩を厳しく指導するのは愛情の裏返しなのでしょう。今年度、この男は渉内として熱い演舞ステージを作り上げます。

三回生

福田大和 経済学部(香川県立丸亀)

 

ガチガチのリーゼントヘアでいかつい見た目のこの男、指導部に所属しながら、学部で最も忙しいゼミでも活動しております。論文に追われながらリーダーをキレキレに振り、自らの人懐っこさを生かして応援席を盛り上げるこの男、留学先のマダガスカルでも大和節を繰り広げることでしょう。さらにクセが増すであろう福田大和を今年度も楽しみにしてください。

三回生

村越洋平 社会学部(静岡県立浜松西)

 

この男、世話焼きで物知り、ガタイがいいという頼れるパパ要素満載で、指導部員のお父さんキャラを確立しております。また、新聞記者になるという夢の実現のため日々マスメディアの在り方を深く思案しており、応援の際も必ず新聞を複数紙持ち歩くという意識の高さでございます。自らの見地の深さを生かし、今年度は総務として団を取りまとめることでしょう。