指導部とは

我々応援団総部は1946年、「建学の精神を体し、自治の精神に則り、学徒の思想・情操・風紀・運動・文化等多面的な分野において後援し、学院の先駆足らんこと」 を目的としてわずかの有志で発足した。確かに戦前にも存在しており相撲大会における応援団コンテストで1938年には優勝し、戦時中は「報国団推進班」として存在した。 充実期に入った1956年には総務部・リーダー部・ブラスバンド部の総部体制が確立。1967年学費値上げ反対運動から学生紛争が勃発。翌年、学院本部を占拠した学生から学長、院長を救出しようとした応援団総部リーダー部との間に乱闘騒動が起こり、学生集会においてリーダー部解散要求が決議された。しかし1969年には現在の応援団総部指導部と名称を変更し活動を再開した。現在我々は指導部、吹奏楽部、チアリーダー部合わせて総勢100名以上の部員数を誇り、体育会、文化総部と並ぶ大学屈指の公認団体に発展した。